バイクと旅と写真と日常


by jun_n66

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


【犬島アートプロジェクト 精錬所】

■場所        岡山県岡山市東区犬島327-5 【地図】
■TEL        086-947-1112
■開館時間     10:00~17:00
■休館日       毎週月・火曜日(祝日の場合開館、振替休館あり。)
■観賞料       一般 1,000円
            15歳以下 無料
■HP         http://www.inujima-ap.jp/index.html
■予約        要予約!!


a0139188_3354731.jpg



国道250号。

城下町の街並みが残る播州赤穂

備前焼の本場、備前市

そして超快適路・岡山ブルーライン

さらに『日本のエーゲ海』とは良く言ったもんだ、
白い家とヨット、オリーブ畑広がる牛窓


それらを通過すると
小さく瀬戸内海に浮かぶ犬島が見えてくる。


『こんなところにアートなんてあるんか!?』

そう思いたくなるほど、特に何もないひっそりとした漁港・宝伝港

『フェリーなんてないやん!?』

そう勘違いしてしまうほど、こじんまりとしたフェリー。いや船か・・・


『え?釣り人?』

船に乗り込む人は、釣竿を持った釣り人だらけ・・・


明らかにアートとは無縁。

いたって普通の港から船に揺られること約十分。

あっという間に犬島に到着!!

a0139188_351763.jpg



上陸して、初めの感想・・・

『アートがどこに?』

それもそのはず、周囲4㎞の島に、島民はわずか55人。

街は寂れ、廃屋も多い。

『冗談じゃねぇ!どこがアートだ!?』


期待外れに若干のイライラを覚えつつもも

とりあえず島をブラブラ・・・


と!?

a0139188_450655.jpg



現れたののは、崩れかけの巨大煙突!!




そう!犬島には近代産業遺産にも登録されている精錬所があるのだ!!

廃墟マニアにはたまらない、レンガ造りの煙突が空に向かい高く立ちそびえている。

近代産業遺産を利用し、

その建築物の中にアートの空間を作ってしまった。

それが実はこの犬島アートプロジェクトなのだ。



船着き場近く、犬島アートプロジェクトの受付へ戻り、

事前に予約していた、ツアーに参加することに。


厳重に警備された門をくぐると、

そこには1909年創業後わずか10年で閉鎖されてしまった、銅の精錬所の残骸。

それらが

ある種不気味で

ある種美しい

不思議な光景を作り出していた。


a0139188_495318.jpg
a0139188_4101586.jpg
a0139188_412156.jpg
a0139188_413356.jpg



さらに中へ進み、

犬島アートプロジェクトの目玉である
精錬所の建物内部へと足を踏み入れる。

『絶え間ない自然のサイクルの一部、地球のディテールの一部としての建築で、
環境との共生を具現化したもの』

と案内人が語る『精錬所』のコンセプト通り

建物内部には、
今まで目にしてき建築物とは、まるでかけ離れた異空間が。

まるで暗闇を這う大蛇のように広がっていた。

『そうか空間そのものがアートなんだ!!!!』
それに気づいた時、ゾクゾク感が体中を駆け巡る。

おそらく、この感動は実際目にした人でなければ分からないだろう。


建物内の撮影は禁止されているため
紹介することはできないが、

参考にさらないヒントを提供するならば

それは三島由紀夫と現代アーティストのコラボレーション。
エコロジー環境システムを実現した、まさに未来空間。


気になる方は、是非自ら足を運び
この『感動』を共有していただきたい。

自分自信のの五感をフル活用し、空間を感じる
これがこのプロジェクトの『アート』なのではないだろうか。

a0139188_4251273.jpg



ちなみにこの犬島

毎年8月初旬にはアートの祭典『イヌジマ時間』が開催される。

日本中から様々なアーティストが終結し
それぞれの個性を生かしたアートを展開させている。

そう!感づいている方もいるかもしれないが

ボクの相棒『妖怪イヌジマ』もこの犬島時間にて


アーティスト・石井葉子さんが生み出した

作品なのだ!!

a0139188_4331063.jpg


a0139188_4332664.jpg


a0139188_4334023.jpg



ぜひ皆さんも、

自分の五感でアートを感じに

そしてイヌジマの故郷を訪ねに

犬島へ渡っていただきたい!!


実はキャンプ場もあるこの犬島!!様々な楽しみ方ができますよ!




【犬島時間】

■公式HP    http://blue-works.jp/inujima/index.html



【宝伝~犬島・定期船】

■乗り場   【地図】
■時刻表   宝伝発   6:25 8:00 11:00  13:00 13:45 17:00 (18:30)
        犬島発   6:40 8:20 11:15  13:20 14:00 17:15 (18:45)
                                      ( )は日曜日運休
■運賃    片道大人 200円 小人 100円
■車両    ※ 車両の運搬は出来ません。
[PR]
by jun_n66 | 2009-11-13 04:46 |

壮大さと、ちっぽけさ

a0139188_23453962.jpg

【北海道・開陽台にて】


北海道の旅して約1週間

病みつきになっていた

セイコマのジンギスカンを当然のごとく購入した。

そしてロング缶のビールも付け足した。


準備万端!!

これさえあれば贅沢な夜を過ごせそうだ。


さて今日の寝床、開陽台にある無料キャンプ場へ向け出発。

途中熊の湯で出逢ったおっちゃんおススメのキャンプ場だ。



日も暮れかかる夕方5時半

暗くなる前にとついついアクセルを握る指に力が入る。


ふもとのガソリンスタンドでは

『今日開陽台に行く人は、勝ち組だぞ!最高の景色になりそうだ。』

と優しそうな老夫婦が、ボクの期待をさらに膨らませてくれた。


天気は驚くほどの快晴。

北19号のアップダウン道路に

ジェットコースターの気分を味わい

ついに開陽台の標識を発見!


ウィンカーを点滅させ右折。

急勾配の坂を勢いよく駆けあがった。


ついに丘の頂上へといった瞬間

ふと我に帰れば綺麗な夕焼けが・・・





頂上から見る景色。

それは何も遮るもののない景色。

大地は丸みを帯び

夕日はそれを赤く染め上げる

草原は風に踊り

その愉快な音だけが

かすかに聞こえる




今までにみた中で

一番大きな地球


その大地の上に立つ自分が

今日ばかりは、

やけにちっぽけに感じた。





【翌朝の開陽台】
a0139188_0242974.jpg

a0139188_0133893.jpg

a0139188_0135043.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-11-07 00:26 | オートバイのある風景

京の路

先斗町通り

■場所  京都市中京区  【地図】


a0139188_14241993.jpg



街歩き第一弾は京都市の先斗町通り。

みなさんもご存じの通り
京都は碁盤の目によって形成されている。

東西に一条・二条・三条・・・

南北に西大路・堀川・烏丸・・・


京都市の中でも特に栄えているのが四条河原町周辺。


ファッションの店が軒を連ねる、寺町通り・新京極通り。

大衆居酒屋が軒を連ねる、木屋町通り。

その木屋町通りから細い路地を抜け
一本西に入ると

そこには敷居高め風情ある料理店が立ち並ぶ。


町屋がひしめきあう路

ダイヤ型の石板が連なる石畳の路

人がやっとすれ違えるほどの狭い路

陽気な外国人も飲み歩く路


賑やかで人が多いイメージの

四条河原町周辺とはかけ離れた

風情漂う異空間がそこにはある。

まるでタイムスリップしたような、そんな気分になる路だった。


a0139188_14374997.jpg
a0139188_14375997.jpg

a0139188_15473768.jpg

a0139188_14381630.jpg






金のない大学生なんて木屋町で十分

でも

いつかこの通りを

はしごしながら飲み歩いてみたいなぁ・・・
[PR]
by jun_n66 | 2009-11-02 14:39 | 街歩き

RIDER×山寺

西明寺

■住所     京都市右京区梅ヶ畑慎尾町2  【地図】
■TEL     075-861-1770
■拝観時間   9時~17時
■拝観料    300円



高山寺

■住所     京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8  【地図】
■TEL      075-861-4204
■拝観時間  8:30~17:00
■拝観料    入山無料 (紅葉期入山400円)
         石水院拝観  600円


a0139188_145654.jpg



京都~若狭湾を結ぶ周山街道。


様々なタイプのコーナーを持つワインディングで

京都市内から比較的近いことから

休日は地元ライダーで賑わう。



そんな周山街道の入り口にある高雄。

高山寺の駐車場にはいつ見ても

走りを愉しみに集うライダーで賑わっている。



しかし周山街道をひたすら走るだけでなく

バイクを停め、歩いてみよう。

朝連の終わりに、

ほんの少し、京都らしさを探してみよう。


決してあなた期待をを裏切りはしない

そんな風情のある寺が実は身近にあるのだ。


さらに秋も深まるこの時期

美しい紅葉に愛車が10倍輝いて見えるはずだ。


a0139188_141322.jpg



↓西明寺にて↓

a0139188_1414419.jpg

a0139188_142311.jpg
a0139188_142122.jpg
a0139188_1422226.jpg





↓高山寺にて↓

a0139188_1425743.jpg
a0139188_143634.jpg
a0139188_1431688.jpg
a0139188_1432563.jpg
a0139188_1433371.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-11-02 14:03 | 寺院・神社