バイクと旅と写真と日常


by jun_n66

<   2009年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

カモノセへ通う理由・・・

カモノセのログハウス

カモノセのケーキ

カモノセのモーニング

カモノセのコーヒー

カモノセの写真



カモノセのネコちゃん


カモノセには2匹のネコちゃんがいる。

素っ気ないアメリカンショートヘアーのコ
人見知りな三毛猫のコ

日々の生活に疲れ
病んだヘタレを
癒してくれます・・・


a0139188_2331625.jpg
a0139188_2335556.jpg
a0139188_2343373.jpg
a0139188_2352642.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-18 02:35 | カモノセキャビン

midori 【3】

a0139188_17555982.jpg
a0139188_1756117.jpg
a0139188_17562144.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-11 17:56 | midori
今のバイクは2代目だ。

1代目はカワサキの250TRというバイクに乗っていた。

自分で買ったわけではない・・・
兄貴からもらったのだ

つまり兄貴のお古なのである。

初めて公道で走ったあの時の、あの感動は今でも忘れない。

教習車で散々練習したものの
ギアをうまくつなげず戸惑った。

アクセルをあけるのが怖い。

コーナーが怖い。

まっすぐの農道で時速60kmを出したときには
バイクの振動ではない
あきらかな体の震えと、鳥肌が立つのを感じた。

怖かったのだ。

でもその怖さの中に
今までに感じたことのないような喜びをはっきり感じた。

バイクって面白い!!
身をもって感じた初めの瞬間だった。






京都・美山にて
a0139188_2563133.jpg


カモノセにて
a0139188_2573017.jpg


若狭・三方五湖にて
a0139188_258370.jpg


淡路島にて
a0139188_2583143.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-10 02:58 | オートバイのある風景
さてさて今回はおやつ版ですよ!!
カモノセはカレーだけじゃありません!!
おやつ時に行っても楽しいんですよ!

なぜか?

自家製日替わりケーキがおいしいんですよ!
その中のオススメを紹介します。



ケーキセット  700円より



・イチジクのケーキ

始めてメニューを見たとき・・・
イチジクのケーキ!?

とそのイチジクとケーキという大胆な組み合わせに
戸惑い、食べるのを避けてしまった。

しかし何度もカモノセに通い詰めるうち

隣でおいしそうにイチジクのケーキを食べるお客さんを発見したのだ。

それだけではない。

カモノセのおっちゃん自ら


「これはうちにしかできへん味やで。
常連のお客さんが試しに作ってみたんやけど
うまくいけへんかったらしいわ。」

と話しているではないか!?
これはと思い切って注文することにした。

一口食べてみる。

すると二つの面白い食感が・・・

ひとつは口のなかでプチプチとはじける食感
これはイチジクの種だろうか
ケーキでは味わったことのない食感がなんとも新しい。

もう一つはコリコリした食感
あ!クルミや!
クルミ好きのボクは一瞬で嬉しくなる。

更に甘すぎないイチジクの素朴な味わいがたまらない。

昔、近所のイチジクの木からイチジクを拝借した経験がある人

これは是非お試しあれ!!

a0139188_215755.jpg





・バナナのケーキ

このバナナのケーキ・・・

スタンダードにして最高のうまさの持ち主だ!

フォークを入れるとまず感じるのは
そのふわふわ感。
切る先からポロポロと生地が崩れてくる。

口に入れると
ふわふわな上に
しっとりしていることにも気づく。

これもバナナの風味が残っていて
とても素朴な味わいだ。

どうもカモノセのおっちゃんは素朴な味が好きらしい。
と勝手に想像する。

これぞ自家製ケーキ!!
といった感じが、老若男女誰にでも
納得してもらえるに違いない。

ほんのり甘いバナナケーキには
おっちゃん自慢のコーヒーと一緒にどうぞ!


a0139188_2244950.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-10 02:27 | カモノセキャビン
カモノセのオススを紹介します!!


●山盛りカレー  (並600円  中700円  大800円)


カモノセ名物といえば、
やはりこのカレーだろう。

大・中・並 3つのサイズのラインナップがあるが
もちろん大を食わないわけにはいかない。

大きい平皿に、これでもか!!
というほど盛られたご飯は、まるで鍋をひっくり返したかのようだ。

腹を空かせたライダー達が、こぞって食べるこのカレー
あなたを満足させること間違いなしだ。

a0139188_130559.jpg

     

●モーニングセット   (750円)
 
朝7時
珍しくぱっちり目が覚めた。
外の空気が吸いたくて窓を開けてみる。
真っ青な空、心地よい風

よし!!

ボクは髪が寝ぐせで逆立っていることも気にせず
バイクに跨り、冷えたエンジンに火をいれる。

早朝のすがすがしい空気の中
交通量の少ない快適な周山街道をとばす。

目的地はもちろんカモノセだ。

こうしてカモノセにやってくるのは
もちろんカモノセモーニングセットを食べるためだ。

このモーニングセット
こんがりと焼かれた厚切りのパンに
マーガリンが満面なく塗らている。

パクリといけば
サクッと小気味よい音がし
パンの素朴な味とマーガリンの風味が
口の中に広がる。

朝入れたての
カモノセのおっちゃんの自慢である
香り高いコーヒーと一緒に食べれば
気分はほっこり、おなかも満腹だ。

この至福のひと時が、今日1日のやる気と元気をくれるのだ。

a0139188_1495325.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-09 01:51 | カモノセキャビン

カモノセキャビンの紹介

カモノセキャビン

■住所     京都市右京区京北上弓削町鴨瀬6-1  【地図】
■TEL     0771-54-0822
■営業時間  8:00~19:00
■定休日   金曜日  (※冬期は木・金曜日)
■HP      http://kamonosecabin.com/



●カモノセの外観
a0139188_1244355.jpg


●カモノセの中
a0139188_125137.jpg
a0139188_1251527.jpg


●カモノセのネコちゃん
a0139188_126150.jpg


a0139188_1262162.jpg
a0139188_1263026.jpg


●夜のカモノセ
a0139188_1264764.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-09 01:28 | カモノセキャビン

ワンダァカフェ

ワンダァカフェ

■住所    京都府京都市右京区龍安寺西ノ川町3-31
■TEL    075-465-2468
■営業時間 11:00~22:00
■定休日   火曜日(祝日の場合は営業)
■HP     http://www.ff.iij4u.or.jp/~wonder/  
■オススメ  ピラフ 800~1000円   



京都の嵐電・妙心寺駅からすぐにある町屋風のカフェ、それがワンダァカフェだ。

a0139188_0395674.jpg


店内に入った瞬間、店の中から流れてくるいつもと違う空気に包まれる。
なんとなく懐かしい空気。

なぜこんなに懐かしいのだろうと、店内を見渡す。


古いふりこの時計

壁に並ぶブリキのおもちゃ

昔のキャラクターたち

駄菓子の入っていた大きなビン

味のある小柄な桐ダンス

レトロなテーブル


それぞれがやさしい白熱球の光に照らされている。


『懐かしく感じるのはこのせいか』と自分の中で納得する。

a0139188_0594393.jpg

a0139188_0432469.jpg

a0139188_04445.jpg
a0139188_0441565.jpg


このカフェを営むのは
髭を蓄えたご主人と
かわいらしい、でもそっけない、ツンデレの奥さんだ


店内を埋め尽くすレトロなものの数々は
レトロ好きなご主人によって集められたものだそう。

ご主人は京都の文化を愛し、京都の寺社からラーメンまで知識は底を尽きない。
このマスターと話をしていると、いつの間にか京都の魅力にとりつかれ
ついつい京都散策に出かけたくなってしまう。

とても魅力的な人だ。


ここのおススメメニューは、何といっても特製ピラフだろう。

このピラフ・・・とにかく具材の種類が半端じゃない。
ウインナー、ベーコン、舞茸、えのき、ピーマン、ニンジン、鶏肉・・・・
いろいろな触感と味が楽しめ、そのボリュームに腹ぺこのお腹を満たしてくれるのである。

a0139188_044538.jpg




ワンダァカフェを訪れたなら、トイレに行かないわけにはいかない。

ここのトイレは凄まじい。

何が凄まじいのか、
それはとにかく『落ち着かない』のである。
壁中にレトロなものが並び、テレビさえある。

普通トイレの片隅にオシャレさを出すため
工夫を凝らすカフェは数多くあるものの、
ここだけは違う。

何かの展示室の中のオブジェとしてトイレがあるようにも感じだ。

ついついトイレに何をしに来たか忘れ、
ここで本当に用を足していいものか、迷いが生じてしまうほどだ。

a0139188_0451327.jpg




また2階に上がると、
真っ暗の部屋の前に
電気のスイッチらしきボタンが目につく

気になって押してみると
そこにはモノクロ写真が壁という壁をずらりと覆っている。

ある京都の写真家のギャラリーのようだ。

a0139188_0454073.jpg



訪れた人々を決して飽きさせることのないこのカフェ。

みなさんも一度訪れてみてほしい。

誰でも一歩店内に踏み込めば
一瞬で古き良き時代へタイムスリップできること間違いなしだ。
[PR]
by jun_n66 | 2009-07-09 01:00 | カフェ

ねこで遊ぶ

ねこ会議のネコちゃんでちょいと遊んでみました。

写真はブレブレですが・・・


a0139188_0244733.jpg
a0139188_0245286.jpg
a0139188_0245988.jpg
a0139188_025730.jpg
a0139188_0251713.jpg
a0139188_0252441.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-09 00:26 | ネコ

ネコカフェ・ねこ会議

ねこ会議

■住所    京都市中京区御池通麩屋町西入ル御池大東町590御池加納ビル2F
■Tel     075-212-0577
■営業時間 11:00~21:00(入店は20:00まで)
■定休日   火曜日
■料金    時間制→最初の1時間800円  延長30分ごとに400円
■HP     http://www.nekokaigi.com/index.htm


a0139188_010417.jpg
a0139188_0102015.jpg
a0139188_0104925.jpg
a0139188_011192.jpg
a0139188_0111061.jpg
a0139188_0112363.jpg
a0139188_0113729.jpg
a0139188_0114622.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-09 00:13 | ネコ

midori 【2】

a0139188_2322363.jpg




a0139188_23224857.jpg
a0139188_23225722.jpg
a0139188_2323595.jpg
a0139188_2323204.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-07-08 23:24 | midori