バイクと旅と写真と日常


by jun_n66

カテゴリ:つぶやき( 2 )

たびを

たった今、

花村萬月さんの小説、
『たびを』を読み終えました!!


a0139188_2245181.jpg


a0139188_22453440.jpg



書き始めから約10年の年月を経て出版されたこの小説

なんと1000ページにも渡る。


読み終えて感じたことを、日頃感じている事と
合わせて書いてみたい。

大学生の読書感想文だ!


かなり自己満足の文章であるから、
興味のない方は避けていただきたい。


さて、この本は

主人公である虹児という19歳の浪人生が

ある同級生、モモの死をきっかけに
日本一周バイク旅に出るという話である。


旅の中での、多くの旅人や地元民との出逢いを通じ

旅とはどうあるべきか
人とはどういう生き物なのか
そして生きることとはどういう事かを

考え、悩み、見出してゆくのである。


時には、まるで先生のような博識のホモと出逢い

時には、苛立ちを覚えるほどの自意識過剰男と出逢い

時には、長身美女の京都人との甘い生活を送り

時には、時にはヤク中のサーカス団のクマ男に出逢い

時には、人妻ライダーと夢のような一夜を過ごす


旅を通じ、旅人として、男として、人として成長していくのである。




自分自身

もう過ぎ去ってしまったこの夏の日々を思い返せば

様々旅をし、様々場所を訪れ、様々な人との出逢いがあった。


旅することってなんだろう?

自分にとって一番の旅とは?

その前に自分って何者?

について考えた。



しかし考えていた事が

上手く言葉に表現できない事に苛立ちすら覚えた。



ところがこの小説を読んでいると、

日頃自分の考えていたことは、これだ!!!

と、つい飛び上がりたくなる事だらけだった。



そして、臆病で、悲観的で、劣等感を抱いている主人公の姿に

次第に自分自身の姿を重ね合わせていた。



そうボクの中には劣等感の塊がどっしりと腰を据えている。

人と比べ、劣ることはないものの

何をやっても人並み。

人並み以上はあり得ない。



常にものごとを悲観的にとらえ

一度悩み始めれば、

全世界を的に回したかの如く投げやりになる。



しかし、

一度旅立ってしまえば

そんな劣等感はまるで感じない。

『まるで』とは確かに言い過ぎだが・・・


なぜか


大自然の中、自分との比較対象になるものなど、どこにもいない。

旅先で出会う仲間には、

年齢なんて関係ない

学歴なんて関係ない

職業なんて関係ない

スポーツができるかなんて関係ない

顔がいいかなんて関係ない(確かにべっぴんさんには心が揺れるが・・・笑)

頭がキレるかなんて関係ない


つまり社会階級制度から一歩離れることで

肩書きに捕らわれない生き方ができるからだ。



自分の名すら語らず、酒を酌み交わした旅人もいた。

旅のよさについて語り明かした、還暦のおっちゃんもいた。

仕事をやめ、日本一周をしている女性もいた。

長期休暇を取り毎年のように北海道を訪れる旅人もいた。


旅が好きという、ただそれだけの事で繋がったのだ。

みな何かしらの悩みを抱えて、安らぎを求めて旅に出た人々ばかり。

みな同じなのだ。


そこには劣等感も優越感も存在しない。

ニュートラルな自分がいるのである。



だから出発する。

ここではない、どこかへ。


よく『独り』は寂しくないかと言われる。


確かに仲間から蔑ろにされた、孤独は寂しいし、辛い。

しかし、ボクの一人旅は自ら選択した、『一人』なのだ。


一人旅であるからこそ感じるものがある。

一人旅であるが故の出逢いも少なくない。

そう、決して『独り』ではないのだ。

旅で出逢う多くの人やものに、いつも見守られているんだ。



そして、そんな一人旅を通じて多くの感動に出逢ってきた。

しかしその感動は

観光地化された有名所で得たものではない。


それは

国道を外れ、脇道に入った時であり

芝生の上ぼーっと昼寝をしている時であり

人間臭さ漂うひなびた漁村を目にした時であり

生活感あふれる長閑な田園地帯を通った時であり

ふとした拍子で動物が飛び出してきた時であり

振り返った時に見る大地に沈む夕日を目にした時であり

苦労して山奥の小さな温泉に辿り着いた時であり

健気にたたずむ灯台の光を浴びた時であり

水しぶきをあげる荒れ狂った海が岸壁を打ちのめす時であり

風を切り裂く風車の音を耳にした時であり

おぞましさ漂う工場地帯の威圧感を感じた時であり

それはテントに張り付いた朝露が、朝日に輝く瞬間ですらある


そんな何気ない瞬間にこそ多くの感動があった。

そしてそんな瞬間に出逢える旅こそが、

この夏を終えて確立した、自分らしい旅のあり方である。



そして短い夏が終わってみれば
わずか1ヶ月間だった北海道・東北の旅

楽しいことばかりではない

つらいことも数多くあった。

もう旅をやめたい

と思う事も何度もあった。


でもボクは旅を続けた。

それは旅行ではない、

旅なのだ。



北海道をまわって、東北をまわって

何か得たものはある?

と聞かれれば、何一つないだろう。

本当に自分でも意外なほど得たものは何も無かった。



しかし、様々な出逢いがあった。

人に限らず、自然や食べ物も含めだ。

ただそれだけ。


そして、それが・・・

自分にとっての『自信』につながった。



『あぁオレってこういう人間なんだ。これが自分のしたい事なんだ。これなら胸を張って言えるぞ』


そういう自信。

ちんけでちっぽけな自信。

つまらない自信。


それでもオレには大きな成果だ!

ん?これが得たものか?

と旅を終えてから、やっとわかった気がした。



長々と書きなぐってしまったが

最後に、

社会の厳しさなど何も知らない軟弱者の自分だが

それでも21歳という早い時期に

旅の良さを知ることができたことを、

この上ないほど幸せに感じている。


だからこそ、

これからも旅を続け

せっかく多くの旅人から学んだ、旅の良さというものを、

自分の中に秘めておくだけでなく、

人に伝えたい。


そうライターになりたいんだ。


決して甘くはない道、でもこれが自分がやりたいこと

いつになるかわからないが

いつか実現したい自分の夢だ。



そして日本一周

今までこのことに対しては、批判的だった。


日本一周にもいろいろなスタイルがある。

単に都道府県庁をまわる日本一周

単に海岸線を走りぬく日本一周

それが何になるのか。

日本一周などしなくとも、

日本一周をしたと偉そうに言う人よりも

日本に詳しい人もいるじゃないか。



そう思っていた。

でも実際日本一周をした旅人達に出逢い。変わった。

その変化に特に大した理由などない。

ただ一度成し遂げてみたいだけなのだ。


きっと・・・そこから見えてくるものもあるはずだ。


まずはじっくり日本全国、訪ね歩く。

そしてその末に

日本一周の旅に出ることで

今まで訪れたところをもう一度訪れてみたい。



これもささやかで、でも確かな夢だ。

そして


たびを・・・


a0139188_22461338.jpg

a0139188_22503591.jpg



長々と、しかもくそ真面目で、

考えの偏った文章を書いてしまって申し訳ないです↓


でも最後までこのつまらない文章に付き合ってくれた方

ありがとうございます!感謝でいっぱいです!
[PR]
by jun_n66 | 2009-10-21 22:50 | つぶやき

ブログ始めました。

a0139188_454147.jpg



月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。


かの有名な松尾芭蕉の作品
奥の細道の冒頭部分だ、

中学だったか、高校だったか
授業で読まされた時には何が言いたいのか
ボクにはさっぱりわからなかった。

しかし年をとり、旅を重ねることで

今やっと、芭蕉が何を言いたかったのか
何となくわかるようになった気がする。



バイクが好き

写真が好き

旨いものが好き

旨い酒が好き

温泉が好き

キャンプが好き


よく考えたらこれらの行きつく先は

『旅』

ではないか。そう思った。


そんな何よりも愛する旅のなかで

そしてささやかな日々の生活の中で

目にしたもの

感じたものを

ここに書き残して行きたい。
[PR]
by jun_n66 | 2009-07-08 03:52 | つぶやき