バイクと旅と写真と日常


by jun_n66

カテゴリ:寺院・神社( 4 )

京都・建仁寺双龍図


建仁寺

■所在地      京都市東山区大和大路通四条下る小松町
■TEL        075(561)6363
■拝観料金     一般 500円   中高生 300円
■拝観時間     午前10時~午後4時
■HP        http://www.kenninji.jp/index.php


a0139188_18104242.jpg
a0139188_18105425.jpg




古都の魅力をを今に伝える歓楽街・祇園。

軒を連ねた町屋から漂う古都の匂いを感じながら、
舞子さんの美しい着物姿に目を奪はれながら、

花見小路の石畳をのんびり歩いていると
建仁寺と書かれた門に突き当たる。

そうここ建仁寺に双龍図はあるのだ。



建仁寺は1202年
将軍源頼家が寺域を寄進し栄西禅師を開山として建立された。

さて栄西という人物名に聞き覚えのある方も多いと思われる。
そう栄西は臨済宗を広めた第一人者であり、禅宗をも代表する高僧である。

そんな偉大な人物が建立した建仁寺。
その禅寺としての空間、庭園の美しさなどはまた後ほど紹介するとして

この寺の最大の魅力は法堂にある。

それは法堂に足を踏み入れ
天井から見下ろす4つの目をの正体を目撃すれば
誰もが納得するはずだ。


そう、その天井には、
2匹の龍が描かれているのだ。

龍の天井がといえば
同じく京都・嵐山にある天竜寺をはじめとして
数多く存在する

なぜならば
禅宗において龍とは、『水の神』であると同時に
仏法を守護する存在として考えられているためだ。



しかしその多くは、ただ1匹の龍だけであり
2匹が描かれるというものは非常に珍しいのである。


そう、まさに双龍図の魅力はそこにあるのである!


描かれたのは2002年とまだまだ歴史は浅いものの、

現代の日本画家小泉淳作氏によって生み出された

2匹の龍の迫力は、見たものを圧倒し
全身が寒気立つほどだ。

しかしよく良く見れば
その龍がもつ表現の細やかさに魅了されてしまう。


今にも飛び出さんばかりに見開かれた眼

そして額に寄ったしわの数々

そして美しい曲線を描く龍の髭



その感動をどのように表現すべきかは大いに悩むところだが

一言にするならば

『カッコイイ』

というシンプルな感情だ。


子供の頃、龍に対して抱いていた憧れの気持ちを呼び覚まされてしまった。

そんな感情なのかもしれない。


何はともあれ、清水寺、高台寺からも近いこの建仁寺
京都散策の際は、是非お立ち寄りいただきたい。


そして私の感動が間違いないものであることを
自らの目と心で感じとって頂きたい。


a0139188_18505151.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-12-16 18:52 | 寺院・神社

京都・貴船神社


【貴船神社】

■住所      京都府京都市左京区鞍馬貴船町180   【地図】
■TEL      075-741-2016
■拝観料    無料
■拝観時間   1月1日~1月3日、1月15日、2月3日 6:00~20:00
          1月4日~3月31日 6:00~18:00
          4月1日~12月14日 6:00~20:00
          12月15日~12月30日 6:00~18:00
          12月31日 6:00~終日
          七夕ライトアップ期間、貴船もみじ灯篭開催期間 6:00~21:00頃
■駐車場    あり
■HP       http://kibune.jp/jinja/



a0139188_2041831.jpg


貴船神社は京都市は北部に位置する。

中心街から離れ、
ここまで来れば
町屋が立ち並ぶ古都の雰囲気徐々に消えゆき

ひっそりとした山奥の京都が現れる。

わきを流れる渓流からは小気味よい音色が聞こえ
木々に覆われた貴船には年中涼しく、しっとりとした雰囲気がある。

そのため夏は京都独特の蒸し暑さから逃れるために訪れ

秋は一足先に紅葉を楽しもうとする観光客も多い。



a0139188_2134427.jpg




さらにこの貴船神社には
かの有名な女流歌人・和泉式部も訪れたと伝えられており、

夫との復縁を願い参拝した和泉式部はこんな歌を残している。




「物おもへば沢の蛍も我が身より あくがれいづる魂(たま)かとぞみる」

(恋しさに悩んでいたら、沢に飛ぶ蛍も私の体から抜け出した魂ではないかと見える)


a0139188_21114822.jpg

a0139188_2112666.jpg




千年も昔に和泉式部はどのような気持ちでこの地を歩いたのだろうか。

和泉式部が見たという蛍の群れを想像し、ぼーっと渓流を眺めていた。

するといつの間にか夕方の貴船は次第に闇に覆われ

なんとなく心細い気分になってしまった。


さてそろそろ帰るか・・・

そう思って本宮の入り口を通ると

火の灯った赤燈篭は、まるで闇に浮かぶホタルのようだった。


a0139188_21123879.jpg

a0139188_2114525.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-12-11 21:14 | 寺院・神社

RIDER×山寺

西明寺

■住所     京都市右京区梅ヶ畑慎尾町2  【地図】
■TEL     075-861-1770
■拝観時間   9時~17時
■拝観料    300円



高山寺

■住所     京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8  【地図】
■TEL      075-861-4204
■拝観時間  8:30~17:00
■拝観料    入山無料 (紅葉期入山400円)
         石水院拝観  600円


a0139188_145654.jpg



京都~若狭湾を結ぶ周山街道。


様々なタイプのコーナーを持つワインディングで

京都市内から比較的近いことから

休日は地元ライダーで賑わう。



そんな周山街道の入り口にある高雄。

高山寺の駐車場にはいつ見ても

走りを愉しみに集うライダーで賑わっている。



しかし周山街道をひたすら走るだけでなく

バイクを停め、歩いてみよう。

朝連の終わりに、

ほんの少し、京都らしさを探してみよう。


決してあなた期待をを裏切りはしない

そんな風情のある寺が実は身近にあるのだ。


さらに秋も深まるこの時期

美しい紅葉に愛車が10倍輝いて見えるはずだ。


a0139188_141322.jpg



↓西明寺にて↓

a0139188_1414419.jpg

a0139188_142311.jpg
a0139188_142122.jpg
a0139188_1422226.jpg





↓高山寺にて↓

a0139188_1425743.jpg
a0139188_143634.jpg
a0139188_1431688.jpg
a0139188_1432563.jpg
a0139188_1433371.jpg

[PR]
by jun_n66 | 2009-11-02 14:03 | 寺院・神社

愛宕念仏寺


愛宕念仏寺

■住所     京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5   【地図】
■TEL     075-865-1231
■拝観時間  8:00~17:00
■閉門日   無休
■拝観料   300円



『喜怒哀楽』

a0139188_15125590.jpg


a0139188_15132540.jpg


a0139188_15134728.jpg


a0139188_1514157.jpg





嵐山にやって来る観光客の

数の多さ嫌気がさし

嵐山のはずれ

清滝トンネルの近くまで逃げて来た。


そこにあるのが愛宕念仏寺だ。


なにがすごいかって?


お地蔵さんの集会が行われている

とでもいうべきほどに

地蔵の数が半端ではないのだ。



その集会の光景は

一見おどろおどろしくもある。


a0139188_1524336.jpg


a0139188_15252315.jpg



しかし一体一体のお地蔵さんの顔を覗きこめば・・・


なんとも愛らしいお顔をしているではないか!!


a0139188_1525070.jpg



喜怒哀楽

一つとして同じ顔がない

すべてが個性の塊なのだ!!


いったい誰が、何のために

こんなに沢山の地蔵を並べたのだろう。


しかし

一体一体の顔を眺めているだけで愉しいのだから

そんなことはどうでもいい。



時間が経つのも忘れ

いつの間にかお地蔵さんの集会に

ウキウキで参加してしまっている自分がいた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村
[PR]
by jun_n66 | 2009-09-28 15:26 | 寺院・神社